小学生3年生のクリスマスの日光に受けた健在損害

我々、小学生3年生のクリスマスのお天道様にとんだ体調マイナスを受けました。その日は、家族みんなでクリスマスケーキを食べていました。その際、未だに幼かった弟にふざけて腹部を蹴られした。蹴られてから腹部がじわじわ痛くなり取り掛かり、痛みで夜中に何度も眼が覚めました。腹部の販売薬を飲んでも治らず、あまりにもの痛さでやっと号泣し始めました。それを見かねた父が午前4機会あたり、医院へ連れて行ってくれました。受診結果は、盲腸でした。その日の昼下がりに施術を受け、1週の静養を余儀なくされました。そうして退院して、数日経った年始のお天道様に抜糸をしました。のち、数通年はクリスマスのお天道様に盲腸になったことがトラウマで、クリスマスが嫌いになりました。大人になった今では、クリスマスは大好きですが、とんだ小学生3年生の冬の経験でした。盲腸になった原因は、腹部を蹴った弟なのか、幸の茶目なのか未だによく分かりません。腹部を蹴った、当時幼かった弟をとにかく責めたくなりますが、弟は幼かった故、そんなに悪気があったわけではないので、弟を責めたら可哀想ですね。それでこういう経験は、幸の茶目についてとしておきたいと思います。ただし、盲腸は一体全体痛かっただ。施術で盲腸を摘出したので、いよいよあの痛みを体験することはないので今は、安心してある。以来が私の小学生3年生のクリスマスのお天道様に受けた体調マイナスでした。http://suisosui-jp.com/