身体診査で肝臓の数がひっかかりました

毎日の晩酌が楽しみでビールを飲まないお日様が無かった私が、近年禁酒当事者だ。近頃行われたショップの健全検査で肝臓の統計が前年度から大幅に直し、軽度の不安定との診断結果が戻ってきたからです。

以前から「ウィークに二お日様の休刊お日様は責任」なんて言われていましたが、そんなの自分には関係ないし、お酒にも力強いから大丈夫、なんて勝手に思っていました。家族に何を言われてもお酒を取り止めるどころか燃やすこともせず、そんな暮しを続けていた結果が今回の健全検査の結果だ。

何を言われても気にしてなかったのが、さすがに数値で見せられるといった危機感が募りネットで肝臓の統計に関しまして調べまくりました。お酒の魅惑が高いので、禁酒というルーティンの改修、肝臓に嬉しいマテリアルを採り入れるというのが責任という事です。

とりわけノンリカービールに変え、肝臓に効くサプリメントを呑み始めました。本当は実践欠陥も良くないので実践もしないといけないんですが、これはいまだに実行できていません。

お酒を取り止めるだけでも肝臓統計は思い切り回復するらしいので、スタンダード集計内的まで回復したら休刊お日様をしっかりとってまたビールを呑み始めたいとしている。

さすが普段から気を付けておかないといけないんだなぁと、今回の事で自省しました。いつの間にか黒ずみが消える。そんなことがあるのかしら?